BuildKonfigという、Kotlin Multiplatform Projectでもbuild.gradleからコードに値を埋め込めるGradle Pluginを作った。

これは名前からもわかるように、AndroidのBuildConfigから着想を得ている。
Androidではbuild.gradleからBuildConfigに任意のフィールドを追加することができる。これがすごく便利で、だいたいレポジトリに含みたくないAPIトークンとか、あるいはフレーバーごとに切り替えたい定数をコードに埋め込むために使われているんじゃないかと思う。

ただ、Kotlin Multiplatform Projectでは今の所、これに相当する機能は提供されていない。

ないものは作ってしまえということで、BuildKonfigが出来上がった。

使い方

Kotlinは1.3.20以降をサポートしている。
Gradleは4.10とかでも動くはずだけど、5.1.1以降を推奨。
あとMultiplatform Projectでないと動きません。

// ./build.gradle
buildScript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:1.3.21'
        classpath 'com.codingfeline.buildkonfig:buildkonfig-gradle-plugin:0.3.1'
    }
}
// ./common/build.gradle
apply plugin: 'org.jetbrains.kotlin.multiplatform'
apply plugin: 'com.codingfeline.buildkonfig'

kotlin {
    // Kotlin MPPのターゲット設定
    android()
    iosX64('ios')
}

buildkonfig {
    // BuildKonfigのパッケージ
    packageName = 'com.example.app'
    
    // デフォルト設定
    defaultConfigs {
        // buildConfigField(type, name, value)
        // 型はString, Int, Long, Float, Booleanをサポート
        buildConfigField 'STRING', 'name', 'value'
    }
    
    targetConfigs {
        // ターゲット名と同じキーで設定
        android {
            buildConfigField 'STRING', 'name2', 'value2'
        }
        
        ios {
            buildConfigField 'STRING', 'name', 'valueForNative'
        }
    }
}

Kotlin Multiplatform ProjectにはAnnotation Processorが存在しないので、コード生成をしようと思うとGradle Pluginを書くことになる。

generateBuildKonfigタスクを実行すると、下記の3つのファイルが生成される。commonと、各ターゲット用のコードだ。
また、各ビルドタスクに依存関係を設定してあるので、再ビルドすると生成されるはず。

// commonMain
package com.example.app

expect object BuildKonfig {
    val name: String
}
// androidMain
package com.example.app

actual object BuildKonfig {
    actual val name: String = "value"
    val name2: String = "value2"
}
// iosMain
package com.example.app

actual object BuildKonfig {
    actual val name: String = "valueForNative"
}

ご覧の通りexpect-actualで生成しているので、iOSとAndroidで値を変えるなんていうのもできる。
また、特定のターゲットだけ追加のフィールドがほしいというユースケースにも対応できる(もちろんcommonのソースセットからは使えないけど)。

プロダクトフレーバー

あとはちょっとトリッキーだけど、プロダクトフレーバー的な機能も提供している。

実はKotlin Multiplatform Projectにはプロダクトフレーバーやビルドタイプといった機能は存在しない。
AndroidターゲットはAndroid Gradle Plugin側の設定から推移的に解決されるフレーバーがあり、Kotlin/NativeターゲットにはRelease/Debugの区別はあるけど、全体的なDebug/Releaseやフレーバーはサポートされていない。

なのでBuildKonfigで提供しているフレーバー機能は、プロパティを切り替えることで実現する。

まずはプロジェクトルートのgradle.propertiesにデフォルトのフレーバーを設定。

buildkonfig.flavor=dev

次にbuild.gradleでフレーバー毎のbuildkonfig設定を記述する。

buildkonfig {
    packageName = 'com.example.app'
    
    // default configは必須
    defaultConfigs {
        buildConfigField 'STRING', 'name', 'value'
    }
    // 第一引数がフレーバー
    defaultConfigs("release") {
        buildConfigField 'STRING', 'name', 'releaseValue'
    }
    
    targetConfigs {
        android {
            buildConfigField 'STRING', 'name2', 'value2'
        }
        
        ios {
            buildConfigField 'STRING', 'name', 'valueIos'
        }
    }
    // 第一引数がフレーバー
    targetConfigs("release") {
        ios {
            buildConfigField 'STRING', 'name', 'releaseValueIos'
        }
    }
}

この設定でビルドすると、buildkonfig.flavor=devでかつdevフレーバーな設定は存在しないので、defaultConfigstargetConfigsからBuildKonfigが生成される。もちろんちゃんとdevフレーバーを設定してもいい。

buildkonfig.flavor=releaseに書き換えると、今度はdefualtConfigs("release")targetConfigs("release")も考慮してBuildKonfigが生成される。

値は下記の順で優先される。

targetConfigs("flavor") > targetConfigs > defaultConfigs("flavor") > defaultConfigs

コマンドラインからフレーバーを書き換えるときは普通にプロパティを引数として与えてあげればいい。

$ ./gradlew assembleRelease -Pbuildkonfig.flavor=release

そのほか

Kotlin Multiplatform Project周りはまだ色々整備されてないので今がチャンス!

リンク