TL;DR;

NODE_ENV=production が設定済みの環境で yarn install を実行すると yarn install --production と同等の動作をする


言われてみればそれはそう、って感じではあるし、ドキュメントにもそう書いてある

ARG BUILD_ENV=production

FROM public.ecr.aws/bitnami/node:14.16.1 AS build-stage

ARG BUILD_ENV
ENV NODE_ENV=${BUILD_ENV}

RUN install_packages curl ca-certificates
RUN curl -sfL https://install.goreleaser.com/github.com/tj/node-prune.sh | bash -s -- -b /usr/local/bin

WORKDIR /app
COPY . .

RUN yarn install
RUN yarn build:${BUILD_ENV}
RUN yarn install --production
RUN /usr/local/bin/node-prune

FROM public.ecr.aws/bitnami/node:14.16.1-prod AS production-stage

ARG BUILD_ENV
ENV NODE_ENV ${BUILD_ENV}

RUN install_packages curl ca-certificates

COPY --from=build-stage /app /app

WORKDIR /app

ENTRYPOINT [ "./node_modules/.bin/nuxt", "start" ]

こんな Dockerfile を書いて、 BUILD_ENV=production で実行した時に yarn build:production が失敗しててめっちゃつまった。エラー的には ts-loader が見つからないとかそんな感じ。

いろいろ書き換えながら試してたら、最初に書いてたとおり NODE_ENV=production と環境変数を設定しちゃってたのが原因だった。devDependencies がインストールされない状態。

Yarn will not install any package listed in devDependencies if the NODE_ENV environment variable is set to production

ドキュメントにもそう書いてあった

今回の場合は、 build-stage ではそもそも NODE_ENV 必要なかったので ENV NODE_ENV=${BUILD_ENV} をこのステージから削除して解決。

ドキュメントはちゃんと読みましょう。